湧水の豊富な清流で生まれ育った独特の風味の鮭。

噴火湾八雲管内で漁獲される大型で幅広の鼻曲雄さけのみを厳選し、塩蔵・風乾干しを行い、身がよく締り、大きく剥れる山漬けさけにして製造化しました。
一度、食べれば“ヤミツキ”なる絶品の味です。
また、今年から特大サイズ・大サイズにはセンターカット(2枚におろし)処理を施しており、調理がし易くなっています。

年々人気が高まっています。

当漁協では毎年二十数万本の鮭を漁獲しておりますが、鮭の来遊時期も遅く11月上旬より盛漁期を迎えます。見た目はブナ系でゴツクて色も良くない、しかし食べてみれば美味い。
そんな事からブナ鮭の流通対策の一環として数多くの消費者にまずは地元の方に食べてもらおうと云う恩いから約10年程前から、浜の漁師さんが自家賄い用として作っている山漬け製法を取入れ漁協青年部の協カを得て製造し始めました。
産地供給センター今では年々人気を呼び商品切れを起こすまでになりました。
こんなことからさらに食の安全、衛生が叫ばれる中で、その証として認証商品としての認証を受け、この鮭のブランド化を目指し、地元だけでなく他の地域にもこの商品の知名度を拡大しブナ鮭の消費に役立てていきます。
北海道の鮭は「シロザケ」と言われていますが、噴火湾八雲の沿岸に産卵のために来遊する大型の鮭を使用しています。(定置網)
鮭は身が「ピンク色のもの」「白色のもの」もあり、「ブナ系」と言われる鮭です。
又、「山漬け製品」は魚体の大きさや温度により塩分のまわりに濃淡が生じる場合があります。
見た目は良くありませんが、身が締まって肉質が良いとの評価を得ております。
漁師手作りの「山漬け」です。

FAX送信フォームへ

 
当サイトをご覧いただく上で、必要に応じて左記のプラグインをインストールして下さい。
Copyright(C)2009 八雲町漁業協同組合 All Rights Reserved.